FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2010.07.03(07:10)

こないだ何んとな~く書店に行った時にこれを発見。

問答無用で嫁のプレゼントに決定した。
450_convert_20100703065148.jpg
「わたしがあなたを選びました。 鮫島浩二」

なんとなく題名が気になり2ページくらい読んだ時にはもう泣いてました。
書店で180cmのスーツの男が泣きながら本買ってたんだから店員さんびっくりしただろうな。
帰ってきてからも嗚咽を交えて泣きながら読んでました。

簡単に説明すると、赤ちゃんが自分たちを選んで産まれてきたんですよ。ってお話。


たまぁぁぁに聞かれる
「子供は親を選べない」
子供にこんなこと言われた日にはどんな返事をすれば良いのだろう。。。
想像できないし、想像したくもない。

この本のように、赤ちゃんが自分たちを選んできてくれたっていうのは凄い共感できる。
ただ、自分たちも同じように赤ちゃんを選んだんだと思いたい。選ぶというと言葉が悪いかもしれないが、ほとんどの人は今のお子さんが夫婦のもとに産まれてくるのは必然だったと考えているんではないだろうか。

赤ちゃんと夫婦の互いの思いが重なった時に妊娠して産まれてくるのではないだろうか。

青臭いことを言ってるかもしれないが、妊娠して出産という一つの命をこの世に生みだすこと、それ自体が神秘的で幾多の奇跡から出来ているのだからそう考えても良いんじゃないかと自分は思う。


子育てで壁にぶつかる時があるだろう、くじけそうになることもあるだろう。
そんなときにこの本を読んで頑張ろうと思う。
子供にお父さんとお母さんが娘を選んだんだよ。二人のもとに来てくれてありがとう。と自信を持って言えるように。



と朝5時半に思った。
スポンサーサイト





コメント
私もこの本持ってます!
出産前に購入しました。
それまでは出産が怖かったけどこれを読んでからは楽しもうと思いました。
今も時々読んでは泣いてます!!
いいプレゼントだと思いますよ。
あっ。ちなみにうちの旦那は・・・
ふーんといっただけでした。。。
【2010/07/03 10:11】 | さきママ #- | [edit]
朝早くに思ったんですね(笑)
虐待のニュースを見てると、産まれてくるすべての赤ちゃんが必然だったらいいのに、と思います。
親にとっては必然じゃなかったんだろうか・・・
私も本屋で見てみます!(泣くかな・・・)
奥さんの反応はどうでした?
【2010/07/03 17:16】 | さやっくま。 #z8Ev11P6 | [edit]
こんばんわ☆
素敵な本ですね。
今度本屋で探してみようと思いました。
三女がよく、生れる前はねー、ママ達の事見てたよー!とか言います。
それで来たんだよー!っだって。
冗談で言ってるんだろうけど、うれしいですよね。
本に感動できるよっちさんをパパにもって、ちっちちゃんも素敵な子になるでしょうねe-348
【2010/07/03 23:45】 | さちゃまま #- | [edit]
さきママさん
そうですか!さきママさんも持ってましたか!良いですよね~これ♪

僕も出来れば出産前に嫁に見せてあげたかったなぁと思ってました。
周りで出産があるならプレゼントしてあげたいなと思う本ですよね♪
【2010/07/05 22:29】 | よっち。 #- | [edit]
さやっくま。さん
全てが必然だったらとは僕も本当に強く思います。
虐待。なくなりませんね。毎日のようにニュースにでています。
その気持ちが分かりませんし、分かりたいとも思いません。
子供を持つ親として、そういう親がいるのがとても悲しいです。

嫁は、どうして出産前にくれなかったの~!って言ってました(笑)
【2010/07/05 22:29】 | よっち。 #- | [edit]
さちゃままさん
ぜひ読んでみてください♪
三女ちゃん可愛いですね!
三女ちゃんが言ったことと同じようなことが、この本に書いてました!
三女ちゃん本当に見ていたのかもしれませんね♪
選ばれたさちゃまま。さんと旦那さんもすばらしいご夫婦なんでしょうね♪

うらやましい♪
【2010/07/05 22:32】 | よっち。 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yotti0706.blog2.fc2.com/tb.php/49-d6fcc6ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。